お尻の黒ずみやガサガサの治し方は?

おしゃれを楽しむためには、本来、見えない部分まで心を配ることが大切です。「誰にも見せないのだから平気!」とタカをくくるのではなく、人に見られない部分だからこそ、きちんとケアしておきましょう。

私たちは、気候や気温の変化に合わせて衣服の着脱をします。ときには薄着になり、人目に付くこともありますが、そうすることによって、体温調節ができているのです。だけど、「おしり」は人前にさらすことが少ないですね。

また、自分で直接見ることができないだけに、お風呂のときでも、ついつい忘れてしまいがちです。そのため、たまたま鏡越しで「おしり」を見て、黒ずんだり、ガサガサしているのを発見して、びっくりするかもしれません。


保湿がポイントだった

お尻も保湿してあげる

お尻の黒ずみの治し方は「保湿」がポイントです。ふだん、皮膚には、体を外部の刺激から守る働きがありますが、「おしり」の皮膚はけっこう分厚くできています。そのため、長時間イスに座っているときも、自転車をこいでいるときも、体の重さに耐えてくれています。それだけに、なんらかのトラブルが生じたときは、治すのが大変です。

お尻の黒ずみの治し方にはいろいろあります。自分で手軽にできる方法としては、やはり、「保湿」がポイントになります。そのためには、近くの薬局で簡単に入手できるもので、ケアすることをお勧めします。例えば、

  • 馬油
  • ボディクリーム
  • 尿素
  • ワセリン
  • オロナイン

などは、いかがですか?

もちろん、「おしり」が黒ずんだり、ガサガサなどができてから慌てるのではなく、ふだんから皮膚に刺激を与えないように、衣類の見直しや生活環境の改善も大切ですよ。


黒ずみやガサガサができる原因は?

ふだん、お尻を見る機会はあまりありませんね。それだけに、黒ずんでいたり、ガサガサしているのを発見すると、びっくりしてしまいます。もちろん、「おしり」を自分で見るためには、鏡のある場所へ行って手鏡を使うなど、ちょっとした工夫が必要です。そのため、極点な表現ですが、ふだんは「お尻の存在」を忘れているかもしれません。

でも、「おしり」に「痛み」や「かゆみ」などがあると、わざわざ鏡で確認しなくても、なんらかの異変が起きているという自覚はあるはず・・・。でも、人に見せて歩くことも少ないため、ついつい、ケアが後回しになるのです。

参考)お尻 黒ずみ


日常生活と密接な関係

生活習慣も密接に関係している

お尻の黒ずみができたり、ガサガサができたりする原因について、心当たりを探していると、日常生活と密接な関係があることに気付きます。たとえば、次のような点はだいじょうぶですか?

  • デスクワーク中心の人
  • 自転車に乗る機会が多い人
  • 化繊の下着を愛用している人

デスクワーク中心の人は、「おしり」で上半身を支える時間が長くなります。そのため、下着や衣類などの摩擦を受けて、絶えず熱を持った状態になります。その結果、黒ずんだり、ガサガサするのも無理からぬことです。また、自転車をこぐときは、足を動かすため、より大きい摩擦を受けることになります。

「お尻のトラブル」には、「ぶつぶつ」「おでき」などもあります。その原因として、やはり、下着や衣類などの摩擦は見逃せません。それと同時に、皮膚が乾燥しやすく、ターンオーバーの乱れから新陳代謝の低下という、悪循環が関係していることも認識しておきましょう。


お尻の黒ずみケアについて

お尻の黒ずみやガサガサを自分で治す方法とは?

お尻の黒ずみやガサガサを自分で治す方法とは?